借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

自らの意志で借金返済を

借金をしているとお金の事が気になってノイローゼ気味になる事が多いです

借金が人にもたらす最大の害は精神的な苦痛だと思います。
しかし、苦痛もその視点を別の方向に向ければある程度忘れる事ができます。
どうやって視点を変えていくか?

これは"完済する計画を立てる事"だ と思います。

完済までの計画があればやる事がわかるので不安じゃなくなる

悩みとは答えがでない、どうしていいかわからないっていう状態が一番苦しいと思います。

完済までの計画の立て方

今の借金の金額をエクセルで棒グラフにして、完済までの月数を書き、目で見て減っていく表を作ってみるのもいいですし、単純に〇年✖月15日に完済。と書き出してみるのもいいです。

とにかく大事なのは、完済する日を具体的に算出する事です。

完済時期を問い合わせてみる方法

消費者金融やカードローンの場合ですと、カードの裏面に書いてあるカードデスクに電話をして、このまま普通に返済すれば完済はいつですか?と聞いてみるのもいいでしょう。

たいていは60回払いとかの設定になっていて、5年後の日付を言われたりしますが、それでがっかりする必要はありません。自分で頑張って繰り上げ返済して、完済までの期間を短くしてしまえばいいだけです。

参考:繰上返済で得をしよう | 借金返済学

完済するまでのビジョンを持ちましょう!

借金の悩みは状況、・ケースによって多種多様な悩みがあります。しかしどの悩みにも共通して有効なのは完済するまでのビジョンを持つ事ではないでしょうか。

借金返済が終わったら何がしたいか、自分が求めているものがわかってはじめて、状況に立ち向かう気力が湧いてきて、知恵が出るのだと思います。

借金返済させられてるから、やらされてるからウツになるんです。自分から目的の通過点として借金返済をするのなら、それはやらされてる事ではなく、やりたい事に変わると私は思います。
次ページは借金返済中は意識的にストレス管理をしていこう、というお話です。

          次ページ借金返済の為の自己管理を

公開日:
最終更新日:2017/10/26