借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

金利の高いところから返す

借入れ利率は金融会社によってバラバラです。

自分が借りているところはいったい何パーセントの利率なのか知らない人は、自分が借りている借金の金利を調べておいた方がいいです。利率の高いところは、当然ですがたくさん利息を支払う事になります。

借入利率の調べ方

消費者金融のカードでも、カードローンのカードでも、カードの裏面に、カードデスクの番号が記載されています。その番号に電話して「金利を教えてほしいのですが」というとすぐに教えてもらえます。

借金を返済しようとするなら、利息のように、細かい出費金額にも気をつけていく必要があります。

利率の違う複数の借り入れがあった場合に臨時収入が入ったのでしたら、利率の高いところから返済するようにしましょう。

そうする事で、無駄な利息を少しでも少なく抑える事ができます。

利率の高いところ(法律上限は18%)から借りている人は、利率の低いところに借り換えできないかを考えてみましょう。借り換えして1円でも支払う利息を少なくできれば得だからです。

あんまり頻繁に借り換え申し込みをし過ぎるといけませんが、3ヶ月に1度位の感覚で今よりも低利の金融会社、銀行に申し込んでいくのがいいです。

金利が低いカードローン会社でも貸したいという立場は同じです

利率の低い、難かし目に思える会社でも、貸付けを出したいと考えているのは同じ事ですので(金融会社は利息で収益を上げますから貸さないと利益が生まれないからです)、前向きに貸そうと考えてくれます。

借金の返済には自分が借りているところの利率を把握して、定期的に借り入れ利率を落とせないか、借り換えを検討していく事が大切です。

次ページは金利の低いところに借り換えをする方法についてです。

                              次ページ 借金の低利化
 もし借り換えが必要ない方は借金返済に関わってくる仕事のお話をご覧下さい。
 次ページ向いている仕事に就ければ

公開日:
最終更新日:2017/10/26