借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

職が安定すれば返済できる

毎日働く、これがまず大事ですが、できるだけ長く働くという視点も大切です。

トータルで考えて稼げる人は、辞めない人=無職期間がない人です

お金を稼ぐには当然継続が必要ですから、長く働く人と、すぐに仕事をやめて無職期間を作ってしまう人ではぜんぜん稼ぎが違うわけです。

お金はどうしてもつかわなければ生活していくことができないものですから、継続的な収入が必要です。どうやってその継続的な収入を稼ぐか、これには仕事を続けるということがまず大切なのです。

仕事はお金を稼ぐ為にやるもの…でもお金以外の要素も結構大事ですよ

あなたが続くような仕事をやりましょう。短期的にすごい我慢してということもできますが、その仕事は5年後、10年後やっていて、振り返って続けてよかったと思えるような仕事ですか?

もしそうでないなら、続く仕事とは何かを考えてみたほうがいいと思います。

人には誰しも向き不向きがあると思います。いちがいに給料が高い低いではない、仕事はやりがいという面でも考えないといけませんし、考えるべき要素はたくさんあります。

短期ではなく長期的視野で”職=生業(なりわい)”を考えてみよう

どうやって長く稼ぐか、この視点は借金返済を円滑に進めていくために非常に大切です。借金返済は長い期間をかけて取り組むべきものですから、長い期間働ける仕事というのが大切なわけです。

今、続けていくのが非常に困難な仕事をしている人は(今ってそういう職場たくさんありますもんね)よく考え直した方がいい場合もあると思います。

あ、別に仕事やめた方が苦労する場合が多いと思いますので、辞めない方がいいケースの方が多いとは思いますよ。

ただ、常に自分の収入は選択しようという考えを持っておいた方がいいという事です。

収入アップの最終奥義、それが転職

転職を考える際には業界の事を調べてみて、自分に合ってるかどうかを調べましょう。
合ってない業種、職種だと仕事を続けるができませんから、事前によく調べましょう。

派遣やアルバイトで安く使われるのは時間がもったいないですよ

また、使い捨てになるような派遣とかは避けたほうがいいでしょう。正社員で採用され、その仕事を続けていくに従って、だんだんと自身のスキルが上がっていくような仕事が理想だと思います。

そして、その仕事の中に自分の未来が見えるのかを考え、今の仕事を続けていくのか、できるだけ転職を早いうちに考えるのか、情報を持っておきましょう。

常に転職に対するする視野は持っておかれた方がいいと思います。

次ページでは、長く働く為には何が重要か、というお話をします。借金返済だけに留まらず、人生全体において大事な事だと思います。

次ページ 楽しく、長く働いて返済する

公開日:
最終更新日:2017/10/26