借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

仕事さえ良くできれば借金返済は進む

借金返済をしていこうと思うなら、仕事頑張らないと基本、うまくいかないです。

 

自分に向いている仕事を探し、それをやっていきましょう。

向いている仕事を見つけよう|借金返済学 

 人生の早い段階で、自分のキャリアの方向性ができれば、後はその道で修練を積んでいくだけです。なるべく早く自分の強みを見つける事ができれば、後の展開はとても有利になります。

人がやったら苦労するけれども、自分がやるとスムーズにいく仕事。それが向いている仕事です。

そういう仕事が何かっていうのを見つける事ができるといいですね。

長所、専門分野を見つける事です。他の人がすごく苦労してやる事なのに、自分はすんなりできる、そういう部分を見つける事ができれば、最高です。

そうなれば、ある程度の短所はどうでもよくなります。会社にとっては、長所を活かして稼いでくれる人には、短所がどうたら言わなくなりますから。その人が利益を出しているのなら、辞めて欲しくはないからです。

短所を克服しようとするよりも、長所をひたすら伸した方がスペシャリストになれる、というお話ですね。

※場合によっては転職も視野に入れるべき

今向いてない仕事に就いている方、あなた自身の為に、(ひいては会社の為でもありますが)、向いてない仕事は辞めて、思い切って他の仕事を試してみる方がいいかもしれません。

短期的に稼げるかという事よりも、長く続けられるっていう事の方が大事です。

 

極論を言ってしまえば、仕事を続けていれば(そして、収入の範囲内で生活していれば)借金返済はいつかは終わります。

職が安定すれば返済できる|借金返済学 

お金を稼ぐというのは、一箇所で長く働く事で比較的楽に得れます。何があっても職を変えず、状況が良くなるまでグッと耐える。そういう期間が安定を作っていきます。

他の会社の人が好景気でも、自分にはあんまり関係のない事です。自分にその業界が合うかどうか、の方が大切だからです。

 

転職を考える場合、(借金返済をしているような状況ですと、無収入はホント危ないのですが)、自分がこの業界でやっていきたいと思うような仕事をしていく事が一番必要なんじゃないかと思います。

 

好きな仕事だから続けていけるし、嫌な事があっても、それを苦だと思わずにやっていけます。

借金返済中は、なるべくストレスをためずに仕事をしていくことが必要です。

 

 

ただでさえ、借金を抱えていると、精神状態が不安定になってしまうからです。

 

返済を進めようとすれば、より収入が高い仕事がしたいと考えてしまいがちですが、ストレスが溜まり過ぎる職だと、長続きしません。 そこで好きな仕事、というのが重要になります。

 

 

好きを仕事にするという課題は簡単な事ではありませんが、この要素を取り入れる事ができれば、勤続年数が自然に伸びるように、いい形で進めていく事ができると思います。

 

借金返済に一番効くのは正社員化です。

 

仕事ができるようになって、会社内での立場が安定してくれば、だんだんとストレスなく働き続ける事ができるようになって、借金返済はうまくいくようになります。

 

どうすれば仕事が続くのか。やっぱり好きな事、得意な事をするのが一番いいんじゃないでしょうか。

 

私の場合、自分がこのジャンルだったら絶対負けない。天職だと思うジャンルで仕事をしています。これは転職して見つけた仕事です。天職が見つかるまで転職するという事が大事です。

 

勝ってれば(会社の為になっていれば、つまり利益が上がっていれば)何してもOKだと思います。

 

そしてもし、借金返済の状況が変ったら会社を移動してもいいでしょう。とにかく今働いている職場を最大限に使って、自分のスキルを磨いていけば、それも可能です。

 

スキルが身につきさえすれば状況は変っていきます。

 

まずは自分に合ってる仕事を探す事、そして長く働く事です。それが借金返済に一番効きます。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 仕事の事