借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

借金返済をする為に、何をするべきか いい返済サイクルを作ろう

 借金返済を考えた時に、まず何をしていくべきでしょうか?

 

借りていって、最終的に借入金額が年収の3分の1までいってしまえば、それ以上の借入はできなくなります。まぁ、債務整理しか手がなくなるといえばそうですが、それは借金返済をしよう!って心に決めて取り組まない人の場合。

もしどこかのポイントで、借金返済がスムーズにいくような流れを作れれば、そこまで行かずに借金返済を進めていけるようになります。

 

自分のお金の流れをチェックし、改善するのです。

 

支出を切り詰め、返済用のお金を残し、それ以外のお金でしっかりと生活をしていく。

悪癖がある場合には封印する事も大事です。

関連記事:借金返したいならコレを読め!

どんどんこちらから、返します!って言っていく←これは重要です。

その事を繰り上げ返済と言います。

繰上返済できるお金ができたら?

 

繰り上げ返済のやり方は、

カードの裏面にある電話番号に電話して、繰上返済したいので、振込先を教えて下さいと連絡しましょう。そうすれば返済先を教えてもらえます。

 

 そこで、返済の金額を超えて、自分が返せるだけの金額を借金返済するのです。これが繰り上げ返済です。

 

借金返済で大事なのは支出を減らす事、そして、借金を繰り返せばやがて借りれなくなる、という事を意識し、気持ちを引き締める事。

 

次に、頑張って節約して、繰上返済をしていく事が大事です。

 

上手な借金の返済とは、

節約→金銭管理→繰上返済→節約→金銭管理→繰上返済…この繰り返しです。

 このサイクルを作る事ができれば、借金返済は進んでいきます。

 

節約も大切です。 当たり前と思っている生活基準を下げる|借金返済学

サイクル付けがうまくいくようになると、精神状態も安定していきます。

この月になれば完済できるなぁっていう目標も立てる事ができるようになります。

(これはとても大きなメリットですよね)

人間、誰しも暗闇の中だと不安になります。

 

借金の返済も同じです。今ちゃんと進んでいるのか(繰り上げ返済できているのか)、ゴール時期はいつなのか、これがわかれば不安が少なくなります。

 

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 借金返済