借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

借金返済に役立つ行動まとめ

どうやったら借金返済がうまくいくのか、そればっかりを考えていても仕方ありません。

 

必要なのは、借金の金額を減らす事につながる行動です。

今まで、自分では普通に暮らしてきてなぜか借金ができてしまってきたという人は、まず支出の見直しをしていく必要があります。

 

支出が増えれば、お金が足りなくなって、また借金が増える事になってしまいます。

自分の生活を改善できず、雪だるま式に借金が増えていってしまうのは最悪です。

一軒だけから借りている時はまだいいのですが、その枠がいっぱいになってしまって他でまた借りる事になるとどんどん借入先が増えていってしまいます。一度、そういう怠惰な生活をしてしまうと、なかなか借金返済する事が難かしくなってきてしまいます。

 

 ★どこが返済できなくなるラインなのか?

最終的に借入金額が年収の3分の1までいってしまえば、それ以上の借入はできなくなります。

そこまで借金してしまうと、後はもう債務整理しか手がなくなります。

 

そこまでいかない為に、まず支出を切り詰めていきましょう。

危機感を持って借金返済に取りかかる事です。借金している時は、大きな出費はできるだけ控え、返済を最優先にして生活していきましょう。

油断していると、借入金額は増えていってしまいます。

支出を切り詰め、普段の返済額以上に繰り上げ返済用のお金を作り、返済を進めましょう。

 

繰上返済をやった事がないという人は絶対やった方がいいです。 

繰上返済で得をしよう|借金返済学

繰上返済をして多く返済すれば返済した分利息がつかなくなります。

例えば、50万円で5年間返済の契約をしたとします。

普通はだいたい1万5千円から1万6千円の月返済額になります。

それを返済額より多く、6万6千円返したとします。そうすると今後の返済予定表が更新されます。

普通に1万5千円から1万6千円の月返済額なら、5年で455,920円取られてしまうはずが333,493円になります。

繰上げ返済という行為をする事によってこのケースの場合、122,427円の支払い予定利息を削れました。

  

★返す順番は、利息が高い方から順に。

複数から借りている人は、利息の高いところから返済していきましょう。その方が、これからかかる利息差分が得になります。

借金一覧表を作ってみよう|借金返済学

 また複数から借り入れがある人は、自分の把握する為に、今ある借金の額を書きだしてみるといいです。

返済日、借入額、利率、借金の合計額。これらを書きだして、一覧にしてみるといいです。

繰上返済できるお金ができたらどうするか?

カードの裏面にある電話番号に電話して、繰上返済したいので、振込先を教えて下さいと連絡しましょう。そうすれば返済先を教えてもらえます。

 

借金返済で大事な事をまとめます。

まず、支出を減らす事。

次に、このまま借金を繰り返せばやがて借りれなくなる、という事を意識し、気持ちを引き締める事。

次に節約をし、繰上返済をしていく事が大事です。

 

借金の返済とは、

節約→金銭管理→繰上返済→節約→金銭管理→繰上返済…の繰り返しです。

今回のまとめで使用した記事

借金返したいならコレを読め!

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 借金返済