今150万位以上借金がある人は債務整理した方がいい

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

任意整理はこんなに威力がある借金解決方法です

任意整理をして、借金解決させた事例です。

Sさん(仮名)というパートをされている主婦の方のお話です。
旦那さんは、Sさんと同じ30代、お子さんはお二人で小学2年生と保育園に行っている4歳です。

借金する事になった直接の原因は収入ダウン

会社自体の業績が悪くなってきた為、残業ができなくなり、給料が下がっていました。
またボーナスも、最盛期の3分の1にまでカットされてしまいました。

最初に借金してしまったのは、最低限必要な生活費、食費や日用品を買う為の5万円程のキャッシングだったのですが、収入面が改善されないので、当然ずっと足りてない状況が続き、クレジットカードで日用品を買っていく状態になりました。

リボルビング払いにしていて、使用額が蓄積されていってしまった

クレジットカードで1回払いにすると、当然支払いがすぐ来てしまうので、マイナス状態になっている家計では支払いができません。そこでリボルビング払いにしてしまいました。

使った方にはわかりますが、リボルビング払いにしていると1回あたりの支払いは少ないので、普通にクレジットカードを使っていると段々と知らないうちに借入枠いっぱいにまで借りていってしまいます。

そうして、借金の額は返済が困難になるまで増えていってしまいました。

Sさん自身、クレジットカードを使うのが習慣になっている事はわかっていましたが、まさか150万円もの借入になるとまでは思っていませんでした。

ですが、対策を立てなければと考えた時にはすでに3つのクレジットカードの限度額が満タン近くになってしまっていました。

ボーナスにより、一気に改善できると考えていましたが、上述したように、ボーナスが最盛期の3分の1にまでカットされてしまった事により、それもできなくなりました。加えて、会社自体の業績が悪くなってきた為、残業ができなくなり、給料が下がっています。

3社つかっているクレジットカードの合計は正確には155万円にもなっていました。

155万円の毎月返済額

毎月の返済額は5万5000円にもなりました。
毎月の生活で給料が消えていくので、借金は減るわけがありません。

債務整理の相談をして、結果、任意整理を依頼する事になりました

全部で155万円あった借金ですが、金利の引き直しにより110万円ほどに減額されました。

それを3年で返済していくので毎月3万円5千円の返済になります。この返済額には、法律事務所への手続き費用も含まれています。

今、150万位以上借金してしまっている人は債務整理についてまず聞いてみよう

相談電話をしてみよう

債務整理すると、職場バレにつながらる差し押さえ手続きを止め、内緒のままいける可能性ができる

債務整理をお願いすると給料差し押さえに待ったをかけて、職場にバレずに借金の問題を解決する事ができます。

自分には債務整理が必要かもしれない…そう思うならまずは相談を

この表に掲載したところは現在の債務整理事務所のサービスの中でトレンドとなっている4つの条件を満たしているものだけです。

現在顧客にとって最も有利なサービスは着手金無料、費用分割の相談にも乗ってくれる、初回相談無料、過払い取り戻し報酬が安いという4つの条件です。
以下の表に掲載したところはこの4つを全てみたしているところです。

事務所名

任意整理着手金

任意整理基本報酬

過払い着手金

過払い基本報酬

はたの法務事務所 å

0円 減額報酬10% 0円 返還金の12.8%~
杉山事務所 2万1千円 減額報酬10.5% 5,250円 返還金の19.95%~
 å新大阪法務 0円 減額報酬10% 0円 返還金の20%~
アヴァンス å 0円 13万9千円~ 0円 別途
 åアース司法書士 0円 2万7千円 0円 返還金の20%~

コメントを残す

借金返済に役立つ情報をありとあらゆる角度から集めました!あなたの借金をできるだけ早く返済する為にこのサイトがお役に立ちます。ぜひごらんになっていって下さい!
返済するには 借金返済の技
借金を知ろう 借金返済のマメ知識

このページの先頭へ