闇金ではない、個人の金貸しで借りると危険です

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

5件以上借りている多重債務の人は減った

貸金業規制法の改正前には230万人もいた5件以上借りている人は、今では17万になりました。

貸金業協会の資料を見ると、貸金業規制法の法改正は、多重債務で、本当に深刻な借金地獄になっていた人を減らした事になります。

ですが、多重債務は減りましたが、その代わりに1件からだけ借りている人は大幅に増加しています。

2007年の3月時点では492万人だった1件からの借入者は、2014年の時点で751万人にも増加しています。

これは低金利の1件だけに借り入れをしぼった人が多くなっている、とも見てとれます。

闇金も減った?

同データから見て取ると、闇金の相談件数も減っていると出ています。
2009年と2013年の闇金相談件数は1970件から841件まで減っています。
yamikns

ですがこの貸金業白書、政府が上限金利を上げさせまいとして作った意味合いもありますのでそのままこのデータだけをうのみにするのもちょっと違うと私は思います。

貸金業白書のデータは大変の部分では正しいのですが、違法ではない個人の金貸しの部分のデータが抜けています。

個人金貸しの台頭

今は、闇金ではない、個人の金貸しが暗躍しています。

個人の金貸しからは借りてはダメ!

貸金業規制法で貸金業者への罰則が強化されましたので、貸金業者は年利20%以下の貸し付けになっています。

ですが、個人から個人に貸す場合の上限金利は109.5%までの利息が認められています。

個人間の借金は、違法でない場合があるのでトラブルになった時に簡単に片付ける事ができません。

ですので、闇金ではない、個人の金貸しに借りる時は注意が必要ですね。

もし、今、あなたが一般の金融機関から多くの借金をしていて、その返済金を借りる為に個人の金貸しから借りようとしているのなら、その場合は借りるのを断念して債務整理をした方がいいです。

個人の金貸し、闇金の事を問い合わせるなら、こういう手段が一番いいです

闇金との交渉を抱えている方にオススメの法律事務所 | 借金返済学

債務整理の事を問い合わせるなら、こういう手段が一番いいです

債務整理の事を調べる場合、全国対応の法律事務所にまず問い合わせてみるのが一番効率がいいです。

なぜなら、全国対応の法律事務所は、今までの受任件数が多く、貸金業者と多く係争した事があるので経験があり、しかも価格競争をしていて安いからです。

私自身、自分の過払い請求と、妻が内緒でしていた借金の債務整理とで、2回法律相談所を使っているのですが、地元の法律事務所なんて高いですし、応対もいまひとつでしたので、絶対全国対応型の方がいいと断言します。

以下の表は、債務整理を依頼するときに自分がこうだったらいいなという条件…、着手金無料、相談料無料、費用分割の相談にも乗ってくれる、過払い取り戻し報酬が安いという条件で今ある法律事務所から探し出して表にしたものです。参考にしてみて下さい。

事務所名

任意整理着手金

任意整理基本報酬

過払い着手金

過払い基本報酬

はたの法務事務所

0円 減額報酬10% 0円 返還金の12.8%~
杉山事務所 2万1千円 減額報酬10.5% 5,250円 返還金の19.95%~
おしなり法律事務所 債務整理 相談申込 0円 減額報酬10% 0円 返還金の20%~
日本法規情報 0円~ 13万9千円~ 0円~ 別途
おおぞら司法書士事務所 0円 2万7千円 0円 返還金の20%~

2 Responses to “闇金ではない、個人の金貸しで借りると危険です”

  1. 中さん より:

    おまとめで少し多めにお金を借りたいのにまとめて貸してくれるとこが無くて困ってます

    どぉにかまとめて借りれるとこなぃですかね
    ちなみに三件借りてて遅れもあります

    • sirou731 より:

      >遅れもあります
      返済が遅れている状況ですと、おまとめローンはまず通らないです。

      そもそも返済が遅れている人の場合、消費者金融でもよっぽど条件のいい人にしか貸しません。

      まとめて、しかもさらに多めに借りれるところがないかと探すこと自体が危険だと思います。

      収入等を存じませんので的確にはお答えできないのですが、もし切羽詰まってこられているのでしたら、債務整理も検討された方がいい状況なのかもしれないと思います。

      手段としては2つあります。
      まずはとにかく遅れているところの分を給料収入から返済するというのが一手、もう一つは債務整理を検討し、必要であれば本当に債務整理を依頼するという手です。

      これ以上借入先を探しても、損をするような危険な借入先しか出てこないと思いますので、上記の2手のどちらかをやられるのがいいと思います。

コメントを残す

借金返済に役立つ情報をありとあらゆる角度から集めました!あなたの借金をできるだけ早く返済する為にこのサイトがお役に立ちます。ぜひごらんになっていって下さい!
返済するには 借金返済の技
借金を知ろう 借金返済のマメ知識

このページの先頭へ