借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

闇金ではない、個人の金貸しで借りると危険です

みんな、闇金や個人の金貸しの事を知らない

yamikin

なんと、76.8%の人が闇金、個人の金貸しについて知りません。

今回は、借金を取り巻く状況からお話をはじめさせていただいて、その後、闇金、個人の金貸しについて解説させていただきたいと思います。

今、闇金、個人の金貸しってどんなだろうと思っている方、そういう方はぜひ最後までこの記事を見ていっていただければと思います。

あなたの行動をこの記事で変えようと思って書きます。…では、いきます。

5件以上借りている多重債務の人は減った

貸金業規制法の改正前には230万人もいた5件以上借りている人は、今では17万になりました。

貸金業協会の資料を見ると、貸金業規制法の法改正は、多重債務で、本当に深刻な借金地獄になっていた人を減らした事になります。

ですが、多重債務は減りましたが、その代わりに1件からだけ借りている人は大幅に増加しています。

2007年の3月時点では492万人だった1件からの借入者は、2014年の時点で751万人にも増加しています。
(同資料から2016年のデータは見つかっていない為不明です。)
これは低金利の1件だけに借り入れをしぼった人が多くなっている、とも見てとれます。

闇金も減った?

同データから見て取ると、闇金の相談件数も減っていると出ています。
2009年と2013年の闇金相談件数は1970件から841件まで減っています。
yamikns

ですがこの貸金業白書、政府が上限金利を上げさせまいとして作った意味合いもありますのでそのままこのデータだけをうのみにするのもちょっと違うと私は思います。

貸金業白書のデータは大変の部分では正しいのですが、違法ではない個人の金貸しの部分のデータが抜けています。

個人金貸しの台頭

今は、闇金ではない、個人の金貸しが暗躍しています。

個人の金貸しからは借りてはダメ!

貸金業規制法で貸金業者への罰則が強化されましたので、貸金業者は年利20%以下の貸し付けになっています。

ですが、個人から個人に貸す場合の上限金利は109.5%までの利息が認められています。

個人間の借金は、違法でない場合があるのでトラブルになった時に簡単に片付ける事ができません。

ですので、闇金ではない、個人の金貸しに借りる時は注意が必要ですね。

もし、今、あなたが一般の金融機関から多くの借金をしていて、その返済金を借りる為に個人の金貸しから借りようとしているのなら、その場合は借りるのを断念して債務整理をした方がいいです。

個人の金貸し、闇金の事を問い合わせるなら、こういう手段が一番いいです

闇金との交渉を抱えている方にオススメの法律事務所 | 借金返済学

債務整理の事を問い合わせるなら、こういう手段が一番いいです

債務整理の事を調べる場合、全国対応の法律事務所にまず問い合わせてみるのが一番効率がいいです。

なぜなら、全国対応の法律事務所は、今までの受任件数が多く、貸金業者と多く係争した事があるので経験があり、しかも価格競争をしていて安いからです。

私自身、自分の過払い請求と、妻が内緒でしていた借金の債務整理とで、2回法律相談所を使っているのですが、地元の法律事務所なんて高いですし、応対もいまひとつでしたので、絶対全国対応型の方がいいと断言します。

以下の表は、債務整理を依頼するときに自分がこうだったらいいなという条件…、着手金無料、相談料無料、費用分割の相談にも乗ってくれる、過払い取り戻し報酬が安いという条件で今ある法律事務所から探し出して表にしたものです。参考にしてみて下さい。※既に闇金から借りている人は闇金にオススメの法律事務所を参考にして下さい。

事務所名 任意整理着手金 任意整理基本報酬 過払い着手金 過払い基本報酬
はたの法務事務所 0円 減額報酬10% 0円 返還金の12.8%~
杉山事務所 2万1千円 減額報酬10.5% 5,250円 返還金の19.95%~
おしなり法律事務所 債務整理 相談申込 0円 減額報酬10% 0円 返還金の20%~
日本法規情報 0円~ 13万9千円~ 0円~ 別途
おおぞら司法書士事務所 0円 2万7千円 0円 返還金の20%~

借金返済できないからといって、個人の金貸しから借りてはダメです!

貸金業協会の資料の中に、借金返済できない時にみんなどういう事をしているのか?という資料があります。

それはこの表です。
hensaidekinai

まず、借入ができなくなった時(借りて返すという方法ができなくなった、本当に追い詰められた状況)、まず一番多く取られた行動が支出を抑えるという行動です。

 

中でも生活費を抑えた、という人が84.3%もいます。

次に、相談窓口や、家族、知人等に相談した、という人が次いでいました。ですが、相談した先は家族や親族という人が63.6%。……、で、弁護士や司法書士が行っている相談窓口に相談した人が22.7%…これは少ない…私は個人的には本当に少ないと思います。

闇金、個人の金貸しで借りるしかない…って思うようになってしまう状況って、本当に切羽詰まっていて、何か追い詰められている事情があると思います。

 

でも、そういう時こそ、節約とかしてる場合じゃなくて、借金に対してそんなに知識があるとは思えない家族や親族に相談とかしてる場合じゃなくて、”弁護士や司法書士が行っている相談窓口に相談”という選択肢を取った方がいいと思います。

既に闇金から借りてしまっている人は、闇金との交渉を抱えている方にオススメの法律事務所に相談して下さい。

消費者金融から借りているだけの人は、債務整理費用を分割払いで受けてくれる債務整理法律事務所の手数料比較を参考にして、相談先を選んでみて下さい。

 

とにかく!闇金ではない、個人の金貸しで借りると危険ですからね!

 

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

      2017/12/11

 - 闇金