借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

低利の借り換えができれば早く完済できます

低利の銀行カードローン借り換えができれば、支払利息を減らす事ができます。

ただし、アコム、プロミス、新生銀行レイクなどのような消費者金融よりも、銀行カードローンのほうが審査はきびしくなります。

今これらの消費者金融を使っている人は、金利が高い借り入れを、銀行カードローンに一本化できないか、定期的に審査を受けていった方がいいです。

審査は申込すれば無料でやってもらえますし、何も失うものはありません。メリットばかりです。金利の負担を軽減することで、返済を楽にすることができます。

低利の銀行カードローン借り換えで支払利息を減らし、その分を借金返済に充てる事ができれば、その分完済まで早くこぎつける事ができます。

借り換えするとどんだけ得するの?

例えば18%で50万円づつ3社から借りている人がいたとします。

それを14.6%で借り換えたとしたら、年間51,000円得をします。

借り換えの威力

1年間で51,000円得をする事になります。よっぽど収入がある人は別ですが、普通は150万借りると3、4年位の返済期間がかかります。

もし仮に、3の間利息だけを支払って、元金の150万円を返せなかったとしたら、3年で15万3,000円も得をする事になります。借り換えの威力おそるべしですね。

利息を減らせる借り換え先 | 借金返済学

上手なカードローンの利用方法

今では消費者金融だけが借り入れ先ではありません。最初に借りるのでしたら、低利=元金に対してつく利息が少ない銀行カードローンから借りるのがいい方法です。

また、借り換えにも利息が少ない銀行カードローンに借り換えるのがいい方法です。
今消費者金融で既に借りてしまっている人は、まず銀行カードローンに申し込んでみて下さい。

低利化できるか、無料で試せます。

たとえ銀行カードローンのお試し審査に落ちても、自分を高めていく事でうまくいくようになります

借り入れ額が減ってくれば、低利のカードローンの審査にも受かる

たとえば今日、低利のカードローンの審査に落ちたとしても、カードローンを申し込みする人の借り入れが減り、(←つまり借金が減った場合)状況が良くなったと見られて、低利のカードローンの審査に受かるようになります。

低利のカードローン審査に落とされたら、遅れずに返し、借金自体を減らし、それで再度申し込んでみるのがいいでしょう。

お試し診断でカードローンを利用できるか試す方法 | 借金返済学

銀行ローン借り換えで低利化しよう

銀行でのカードローン申込はネットならいつでも大丈夫です。受け付けてくれます。

借り換えとは今の借入先をやめて、他の借入先に換えることです。

なぜそんなめんどうな事をするのか?
と思われるかもしれませんが、低利のところに借り換えをする事によって、利率を落とすことができます。

そうすれば、支払う予定だった利息が少なくなりますので、得をする事になります。

まず、自分が借りているところの利率がいくらなのかを調べてみましょう。意外と、自分がいくらの利率で借りているのかは知らない人が多いものです。

契約書があればそれに記載されていますが、なければカードの裏に書いてある金融会社の電話番号まで電話をしてみてもいいでしょう。聞けばすぐに教えてくれます。

低利の銀行系カードローンと、消費者金融では、金利差が7、8%ある事もあります。

これは年間で考えれば、例えば50万円借りている場合、4万円を利息で取られるかどうかという話になってきます。借り換えをするだけで何もしないで4万円です。これはすごく大きいです。

利率とは商品の価格です。借り換えする際には、ここに最も注意すべきです。

今から借りようという場合には、できるだけ金利の安い会社で借りる事が大切ですし、今もう既にお金を借りている方は、このサイトにある金利の安い会社への借り換えを考えていただきたいと思います。

それがあなたの得になるからです。

次ページでは、具体的にどこで借り換えればいいのか?についてお話しします。
利息を減らせる借り換え先 | 借金返済学

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

      2016/07/11

 - 低利化で返しやすく