借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

滞納家賃は任意整理しない方がいいの?

滞納家賃は任意整理しない方がいいのか?
この質問に対しては、「家賃を滞納している人が任意整理する場合、滞納家賃は任意整理の対象外として取り扱うのが一般的です」というのが答です。

滞納家賃を任意整理の対象外にする理由は2つあります。

1つ目は、「債務整理の通知を送ると、物件のオーナーから立ち退きを求められる可能性がある」からです。

特に3カ月以上家賃を滞納すると、立ち退きを命じられる可能性が高くなります。
任意整理では債権者であるオーナー宛には受任通知が届きますが、その通知が届いた時点で立ち退きを求められる可能性が高いのです。
もっとも。3カ月以上滞納したからといって、賃貸物件のオーナーが強制的に追い出せるわけではありません。
・オーナーが裁判所に建物明渡し請求を申し立てる。
・裁判所の判決が確定する。
・裁判所に明渡しの強制執行を申し立てる。
・裁判所が明渡しの強制執行を認める。
このような経緯の後、通常は裁判所から「1カ月以内に立ち退くよう」催告が行われ、執行官による強制執行が実施されます。

2つ目は、「債務整理をすると連帯保証人に請求が行き、迷惑を掛かける」からです。

債務整理をしたからといって、借金自体が消滅するわけではありません。

家賃の支払い義務が連帯保証人に移ることで連帯保証人に対しての取り立てが始まるのです。

なお、任意整理で連帯保証人に請求される金額は、滞納家賃のうち任意整理で削減された額に相当します。

債務者は返済する滞納家賃が削減されますが、連帯保証人はしてもいない借金の返済を求められるのです。

賃貸契約の際には、両親や身近な親戚を連帯保証人に立てるケースが多いことからくの場合、滞納家賃を債務整理すると、両親や身近な親戚に迷惑を掛ける可能性があります。

こうしたことから、滞納家賃は任意整理の対象外にするケースが多いのです。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 債務整理