借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

借金返済計画は人によって計画の立て方が違ってきます

借金をした経緯によって、取れる対策も変わってきます。

浪費タイプ

まず、男性なら風俗、女性ならホストなどに行ってしまったというのが借金した理由の場合、浪費癖が原因という事になります。
この場合、給料の中から借金返済していけるような生活を作っていく事が大切です。

何かの購入の為に一気に借金をしたタイプ

それとは別に、普段の生活には問題はないが、何か大きな買い物の為に借金をしたというのが、借金した理由という場合もあります。

何かの購入の為に一気に借金をしたタイプの場合は、別に金銭感覚が狂っているわけではないので、基本的は再度借入しない人だと思います。
こういう方が速く借金を返済する為には、自分で返済計画を立て、○年の何月の給料日である15日に返済しよう、という風に自分で繰上返済の計画を立ててみるといいでしょう。

借金返済をしていく上で、再度借入をして借金自体が増えてしまう可能性があるのは金銭感覚が狂ってしまっている場合の方です。

今回は金銭管理がうまくできない人の借金返済方法について、詳しく掘り下げてお話しします。

借金返済をしている人は悪い習慣を絶つことが一番の特攻薬になります。

ほったらかしにしていると、借金が増えていくような生活になってしまう…。こういう方の場合、借金相談をしてみたり、何か自分を変えるきっかけを自分で作るのが一番いいと思います。

そのままでは借入金が増える可能性も高い

借金は利子が発生しますし、借金する人というのは、ますます借金してしまい、多くのケースでは返済に必要な金額は増え続けてしまうからです。

金銭管理を覚えよう!

できるだけ早く借金を返済し終えるにはどういう風にすればいいでしょうか?

まず、返せる範囲と返せない範囲があります。

自分が通常返済で返せない範囲かどうかは、年収対借入額の比率で決まります。ですが、たとえば年収300万円の人が100万円借金をしている…といった微妙な借入額の場合には、債務整理の無料電話を使って自分の状況を話して客観的なアドバイスをもらった方がいいでしょう。

追加の借金をやめるっていう事がまず大事です。

ノンバンクからの借入金の総額が、年収の3分の1に達してしまい、新たに借入ができなくなっている場合、

まず債務整理をして月々の返済額を減らし、生活も返済もできる状態にするのがいいです。

一本化できないか考えてみる

借り換えという手があります。金利が高い借り入れを、銀行カードローンに一本化して金利の負担を軽くするという方法です。審査が通って低利化できれば、返済を楽にすることもできます。ですが、銀行カードローンの方が審査はきびしいです。

利息を減らせる借り換え先 | 借金返済学

もし返済が難かしいのでしたら、任意整理を考えてみるのがいいです。

弁護士や司法書士って、普通は頼むのにかなり躊躇してしまいますが、借金返済に関しての相談の場合は気楽に相談申し込みをしてみるといいです。

次ページは借金返済できないならまずは無料相談ですよ、です。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 借金返済