借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

借金返済の経験者が語る!借金返済のコツ

今回の記事は、過去に、私や自分の知人男性がした自己破産宣告での例や、返済が出来る目途についての考え方を踏まえつつ、誰にでも今から無理なく実践が可能な、返済においてのコツの掴み方について記述をした内容になっています。

なるだけ、1人でも多くの、借金返済の面において困っている方のお役に立てられたらと思い、今回の記事を書かせて頂きました。

借金返済ができない!っていう状況

これは最も基本的な事に原因があると思われるケースにあたりますが、債務超過による一番多いケースのカタチとしては、完全にその借り入れた債務の額を過信し、収入と支出についてのバランスの採り方を後回しにしてしまい、それで気が付いた時には遅いといったパターンが、過去の自分の経験から多い感じがします。

私自身も、自分の過去や知人男性の方などが行った自己破産宣告の例を見たうえでも、そうしたカタチが多いといった現状があります。

私の場合、2004年の4月から2007年の9月に自己破産宣告を行うまでの約4年間での経験からも、まさに、そうしたケースでした。

しかしながら、やはりそのような自分の経験からも、借金をするとその借り入れによる所持金の余裕といったものに根負けをして、大抵の欲しいものが手に入るといった欲望にめがくらみ、労働意欲が無くなり何とかなるだろうといった、借金返済面においての怠惰な心理的心情が出て来るといった現実が、自分自身の過去の経験からもありました。

もう債務整理するしかない!自分の力だけでは解決しにくい現実

そうした借金総額による所持金に対しての余裕自体が、私も今話した自分の経験からも、一番の大敵であるといった認識があります。しかしながら、その過信といえる余裕の愚かさといったものについて、その借り入れ当時において気が付くのが大変困難な面があといった現実が、実際にはあります。

私の場合、最初の借り入れ時においての2004年の1年目には総額で約80万円台あり、返済も当時の新聞配達のパートでの収入だけで、何とかなるだろうといった過信がありました。しかし、これがそもそもの私自身の当時の過信であり、地獄の始まりでした。

私は当時目標にしていた、司法試験合格と弁護士資格取得といった目標がありましたが、それのみへのまい進をするあまり、収入と支出のバランスを考えてはいませんでした。やはり司法試験のための受験勉強というものも、そのための勉学面においての大変な時間や労力の面などにおいてのコストを費やすといった現実がありますので、多大なる支出を伴う場合も少なくはありません。

しかしそれでも私は事態の深刻さの認識をせずに、とうとう借り入れ総額が4年目の2007年の8月の初めには、総額で258万円台になり、月々での返済も10万円単位と膨れ上がり、返済不能となりました。そうした過去を振り返るとやはり、最初の段階で気が付いたりしない限り、自分だけの力では、このような消費者金融商品の借り入れにおいての問題を解決しにくいといった現実がある事を、ようく味わいました。

人それぞれに合った、借金返済のコツ

今度は私の同郷の知人男性の話になりますが、その方は2004年あたりに現在住んでいる地元において小さな居酒屋の経営をし始めましたが、売り上げ自体もあまり無く、そのため2014年に私と同じく自己破産宣告をしたようでした。彼の場合は、店舗経営面においての収支バランスが取れず、そのうえ昼間のサラリーマンの仕事との兼ね合いなどもあり、これに至ったような感じでした。

しかし私も実際話してみましたが、彼の証言によるとやはり、会社勤めでの仕事のノルマと夜間の自らの居酒屋での労働時間の配分のあり方により、収支面においてのバランスが取れなくなり、挙句の果て、返済自体も会社勤めのサラリーマンでの仕事による収入に頼るといった現実といったものがあったようです。店舗経営者としての、どちらかによる労働面においての収入確保のあり方が問題になったケースといえます。

この事から、過去の私の司法試験などの資格試験等を目標にしている方の場合のケース、今話した知人のケース、それぞれの例を見ても、借金の目的や境遇などは異なりますが、やはり、それぞれの個々人に合った、借金返済のコツのあり方を掴んでいくといった事が、如何に大切であるかがわかります。

借金返済のコツ まとめ

以上の今まで話してきた、私自身や知人男性による自己破産宣告の例を元に記述をしてきた内容からも、如何に、早めのうちに更なる収入の確保を行い、消費者金融商品などを利用した借り入れにおいての収入と支出のバランスを、どのように程よく取っていけるかが、大きな課題になってくるかがわかります。

事実として、幾ら借り入れのみを行う事が出来たとしても、借りたお金である債務には変わりがありません。

このため、確実性のある返済のための収入をどのように確保をしていけるかが、まさに解決をしていくべき大きな課題そのものである事には間違いがありません。

現時点においての収入額に満足をせずに、早めに確実性のある債務の返済や完済などを行い、日常面においての豊かさの確保をしていけるかが、借金返済のコツとして大変重要です。

衣・食・住の3つがやはり、人間が生きていくうえでの基本といえます。これらの3つを健全に充実させていくあり方としての確保や維持をしていくためにも、日頃から心身両面においての衛生面などをも視野に入れながら、借金の目的や目途、消費者金融商品か公的な貸付制度の何れを利用していくかについての検討なども、これからの将来においては、展望として大変重要になってくる事は間違いがありません。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 借金返済コツ