借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

借金返済に関わる法律

借金ってホントはしないに越したことないです。

借りるのは簡単ですが借金返済はとても大変だからです。

上手に借りる事が大事

破綻しない、賢い借金をするのが大事です。

借金にはいくつか法律があります。

借金に関わる代表的な法律

借金の契約の成立は消費貸借(金銭消費貸借)の法律が関係しています。

この契約は貸す側と借りる側との間で実際にお金の受渡しかあったときに成立すると定めています。

この事を要物契約といいます。

次に、借金には利息付きのものとそうでないものがあります。利息については利息制限法と出資法という法律に定めがあります。

利息制限法は制限利息を超える利息の約束をしても、超える部分は無効になることを定め、出資法は制限利息を超える利息の約束をすると懲役を含む刑罰が科されることを定めているのです。

借金返済ができなくなった時の為の法律もある

借金が多すぎて経済的に破綻しそうな状況になってしまったときには、任意整理や、特定調停法に基づく特定調停、民事再生法による個人再生手続によって、借金返済困難になってきた人を保護する法律があります。

任意整理、特定調停、個人再生

任意整理、特定調停、個人再生は基本的に借金返済を平準化させ、返せるようにする方法です。

自己破産

もし、そうやって返済できる場合にはそうする事になるのですが、失業や借り入れ額の増加により、返していくタイプの債務整理方法ができなくなった場合、自己破産という手があります。

これは状況が悪化して返済できない状態になってしまった場合、破産法に基づく破産手続と免責手続で債務者が立ち直れるように法律で決まっています。
自己破産は救済措置なのです。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

   

 - 債務整理