任意整理の手続きの流れについて

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

私は、クレジットカードでのリボ払いが2件、銀行や消費者金融からの借入が7件あり、いわゆる多重債務者となっていました。

毎月の返済においては、ノートに全ての支払いを記入して、管理把握していましたので、これまで延滞したことは1度もありませんでしたが、月末になる度にATMに向かわねばならず、それがストレスになっていたことは確かです。

この状態を解消したいと考えた私は、某法務事務所に無料相談しに行き、債務整理のひとつである任意整理を行いました。

今回は、任意整理の流れについて書いていきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

まず、任意整理とは、法律の専門家である司法書士や弁護士が、自分の代わりとなって、債権者(お金を貸した側)と交渉します。分割での借金返済を提案し、和解契約を締結することを目指します。

私は、法務事務所にて、借入までの経緯や借入状況を、司法書士の方に洗いざらい話しました。

他人に自分の借金のことを話すのは、とても恥ずかしい思いでしたが、司法書士の方は、親身になって聞いて下さったので、そこは安心出来ました。

任意整理は、裁判所を通さない手続きのため、裁判所に提出する書類もありません。

個人再生や自己破産は、裁判所を通す手続きのため、任意整理よりかは必要な書類が多く、実際に裁判所に出向かねばならないため、やや煩雑な手続きとなります。

また、任意整理の場合は、借金の元金自体は減りませんが、将来の利息をゼロにカットすることが出来るため、月々の返済額を減らすことに繋がります。

ちなみに、個人再生の場合ですと、借金の元金を5分の1に減らし、自己破産の場合ですと、借金の元金自体をゼロにすることが出来ます。

任意整理は、通常3年〜5年をかけて、借金を返済していくことになりますが、私の場合は、5年かけて返済することに決まりました。

①債権者側への受任通知の送付

任意整理を行うことが決定した場合、まず法務事務所側から債権者(お金を貸した側)に対して、任意整理を開始したという受任通知(介入通知)を送付することになります。

この通知を送付することにより、債権者側からの直接の督促や取立てが停止することになります。

この時、司法書士の方に言われたのは、

「これで借入先からの督促はストップしますが、もし向こうから電話連絡があれば、◯◯法務事務所に頼んだから、そちらに電話をかけて下さい。」とのことでした。

この台詞を聞いた時は、何か強力な味方を得たような心境になりました。

②取引明細書の取得と過払い金の有無確認

次に、法務事務所側が債権者側に対して、取引履歴の開示を請求し、取引明細書を取得します。

ここで引き直し計算を行い、正確な借り入れ金額の総額を確定させます。

また、同時に、過払い金の有無も確認します。

法務事務所に申告した額と実際の負債額が各社10万円以上異なる場合は、月々の返済額や法務事務所への報酬額が変動してしまうので、決して嘘はつかずに、正確な負債額を申告して下さい。

③事故履歴の記載と事務所費用の積立
任意整理を行うことにより、個人信用情報機関に、事故履歴が記載されます。

そして、借入先への返済が停止し、事務所への支払いが開始され、お金を積み立てることになります。

この積立金は、顧客台帳管理費用や通信費、郵送代などの事務所費用、または司法書士や弁護士への報酬に充当されたり、また、債権者側への将来の返済に備え、返済の頭金に使用されたりします。いわゆるプール金というものですが、プール金は返還されません。

④和解案の作成と債権者側への送付

法務事務所が、返済方法や毎月の返済額などの返済条件を定めた和解案を作成します。

作成した和解案を、債権者側に送付します。

この和解案をもとに、各債権者側と交渉していきますが、和解に応じない貸金業者もあります。

交渉が難航すれば、裁判所を通した特定調停の手続きを行う場合もあります。

⑤和解書の作成と和解契約の締結

和解契約は本来、口頭で行っても成立する諾成契約なのですが、後々になって言った言わなかったと、喧嘩になる可能性もあります。ですので、それを防ぐためにも、文書として形に残しておくことになります。和解書を取り交わしておくことになります。

これにより、任意整理に法的な効力を持たせることが出来ます。

和解書を取り交わしておくことにより、債権者と債務者がお互いに、契約違反がなされた時に、その責任を問うことが出来るようになります。

「まとめ」
いかがだったでしょうか。
任意整理は、自分の代わりに司法書士や弁護士が債権者側と交渉し、借金返済の条件を定め、和解契約を締結することを目指すものです。
借金の元金自体は減らないので、個人再生や自己破産のような効果は得られませんごが、将来の利息をゼロにカットすることが出来るため、借金の返済スピードが速くなることは確かです。今回は、任意整理の一連の流れについてみていきましたが、任意整理のメリット・デメリットを比較して、判断して頂きたく思います。
任意整理をお考えの方に、この記事が一助となれば幸いです。

コメントを残す

借金返済に役立つ情報をありとあらゆる角度から集めました!あなたの借金をできるだけ早く返済する為にこのサイトがお役に立ちます。ぜひごらんになっていって下さい!
返済するには 借金返済の技
借金を知ろう 借金返済のマメ知識

このページの先頭へ