借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

カードローンの上手な使い方

カードローンの基礎知識

ローンは法律で考えると割賦販売という事になります。

ちなみにローン=割賦販売には割賦販売法という法律が適用されます。

ローン=賦販売って何?

割賦販売の定義については、「購入者の商品等の代金を二月以上の期間にわたり、かつ、三回以上に分割して受領すること」という風に規定されています。

ローンを使う方からすれば、月賦で返済ことです。

一般的には、高額商品を買う時によくローンという言葉が使われます。住宅ローン、カーローンなんかがそうですね。

銀行、信金のフリーローンを活用しよう

>銀行、信金でもフリーローンを出しています。
こういう銀行系のフリーローンは結構いいのが多いです。

ですが、地元の人にしか貸さなかったりしますので注意が必要です。

融資が下りやすいのは、その信用金庫の口座を持っていて、そこから公共料金の引き落としなんかをしている人です。

普段から支払いを滞りなくやって、信用力を高めて、融資が下りるような状態にしておくのがいいですね。

何から何までやってもらおうという事ではなく、口座を作るのは自分からできる事です。わずかながらでも現金があれば預けておくのもいいと思います。

銀行、信金にお金を預けておき、いざローンが必要になった場合には上手に活用していくのがいいですね。

こんな感じでキャンペーンをやってる事もあります。特にカーローンの場合はこの銀行は金利が安いので事前に申し込んでおくのがいいですね。
【常陽銀行】金利引下げキャンペーン実施中。クルマ購入前でも申込可能

クレジットカードのしくみ

クレジット会社が信用供与をして発行してもらえるのがクレジットカードです。

クレジットカード会社が間に入ってお金を立て替えますので店側はそれを信用して販売します、というのが、クレジッ
トカードのしくみです。

ですのでクレジットカードの場合は、買い物をする時に現金を持っていなくてもできるので便利ですが、そのクレジットカードの決済日までに使った金額を用意しなければなりません。

クレジットカードを延滞すると…

クレジットカードの決済をせずに返済を延滞すると、約定の遅延損害金が発生することになります。

クレジットカードのキャッシング機能は使っては損

クレジットカードには、キャッシングができる機能がついているのが普通です。
ちなみにクレジットカードのキャッシングは金利が高いです。法律の上限金利…、たとえば、50万円の場合、法律の範囲内で一番高い18%の金利に設定されます。

カードローンも借金

                j
カードローンも借金です。というかカードローンの意味は借金そのものです。

クレジットカードのキャッシング機能を使えば、カードローンの借金なんて誰でも作れます。特別にローンを使いたいっていう手続きをしなくても、キャッシング枠がついているクレジットカードさえあれば、それをコンビニATMに突っ込んでキャッシングというボタンを押すだけで、カードローンとして使えます。

キャッシング、カードローンはとても便利な昨日ですが、その反面、その気軽に使える事が非常に危険なことでもあるのです。

カードローンというのは、実質はカードローン会社、クレジットカード会社からの借金の事なのです。

ちなみにクレジットカードのカードローンを使う位なら、より低利の銀行のカードローン専用カードを作った方がいいです。下のリンクで詳しく銀行カードについて説明しています。審査も仮審査があるので、申し込む前に受かるかどうかをかなりの確率で調べる事が可能です。
お試し診断でカードローンを利用できるか試す方法 | 借金返済学

物販購入の支払いを月賦にするのもカードローン

クレジットカードの返済を分割にして払うのもカードローンです。

カードローンというのは、みんな使ってるので、借金と思わないうちに借金をしてしまう、そういう恐ろしいしくみです。

最近では、大手消費者金融まで、当社のカードローンをお使い下さいという風にカードローンという言葉を使い出したので、余計言葉としては混乱しています。カードローン=借金くらいに考えておいた方がいいですね。

リボルビング払い

カードローンの支払方法にはリボルビング払いという支払方法があります。

貸す側では、いくらカードを使っても、毎月の支払額は一定だから、返済の予定が立てやすいという風に勧めています。

ですが、返済の金額が小さく設定される分、返済期間が長くなるということです。

これは、それだけ利息を多く取られるということなのです。

リボ払いにはせず、できるだけ一括で使っていくのがいいです。

今は、クレジットカード持ってると、1ヶ月だけでもリボ払いにしていただくと、来月の引き落とし金額から1000円引かせていただきます、とか、1000円分の商品券がもらえるキャンペーンやってます、とか勧誘の電話がかかってきたりします。

で、そこでリボに設定してしまって、数ヶ月間リボのまま…、気がついたら借金がたまってる、てなケースが多いので(私が経験しました^^;)お気をつけ下さい。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

      2015/08/29

 - 借金返済方法