借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

できるだけ早く、しかも簡単に債務整理する方法 債務整理方法を探している人必見!

借金を整理する方法のまとめ

借金の整理ってどういう方法がある?

債務整理の方法を決める場合、借入している人の返済の能力で決める必要があります。

その人がどの程度の支払能力をあるか?という視点からどのような手段で債務整理するか考える事になります。

ですが、はそもそも、弁護士事務所の借金相談無料サービスがありますので、ご自身の状況を説明すればどういう風にするといいのか教えてもらえます。

急ぎの方は聞いてみられるといいでしょう。一番手早く、最適な方法を教えてもらえます。

借金返済が困難な状況になってきている方はまず無料相談を使ってみる事です。 | 借金返済学

借金の債務整理には4つあります

自己破産、任意整理、特定調停、個人再生の4つです。

任意整理

この方法は、収入があり、借金をある程度まで少なくした場合は返せる、というケースで使われる方法です。
裁判所等の公的機関を使わずに、弁護士さん、司法書士さん等の専門家に依頼する事で簡単に進めていける方法になります。

他にも、保証人がいて、自己破産ができない場合も任意整理という方法がとられます。

借主の支払能力等に応じて借金を減額してもらい、身内などに一定の金を出してもらって一括弁済したり、本人の支払能力に応じて分割弁済で支払うという方法がとられます。

任意整理は債務者本人が業者等と交渉するのでなく弁護士などの専門家に頼むのかよいでしょう。

民事調停による借金整理

 裁判所の調停制度を利用して、借金を整理する方法です。これは簡易裁判所に調停の申立て行います。

調停委員は利息制限法にもとづき、金利の減額をするなどして調停案を出します。合意が得られれば調停調書が作成され、判決と同様の効力がありますが、合意が得られなければ調停は不調ということで終わります。

個人再生による借金整理

個人再生は、民事再生法に基づくもので、もともと企業の再生を目的としていましたが、平成一三年四月一日に民事再生法の改正が行われ、個人の再生を内容とした改正法が施行されました。この個人再生は、経済的に窮屈な状態にある人を対象としています。

これには、小規模個人再生、給与所得者等再生、③それに住宅資金貸付債権の特則があります。

自己破産による借金整理

 借主が支払不能の状況に陥っている場合、地方裁判所に破産宣告の申立てをすることによってする借金整理法です。破産の申立てを裁判所にすることにより破産宣告を得て、さらに免責の手続きをすることにより免責の決定がなされ確定すれば、租税などの一部の債務を除いて借金はなくなります。

借金の返済に行き詰まったときは、早めの整理こそが大切です。また、本人だけでの解決は無理なことが多いので、専門家に相談や依頼をするとよいでしょう。なお、借金の整理では、その後の生活の再建こそが重要です。生活再建の具体的な計画を検討することが大切です。

多重債務解決法のすべて 全国クレジットサラ金問題対策協議会より抜粋

まず、自分には債務整理をする事が必要なんだろうか…って疑問に思ったら、とりあえず相談してみるのがいいですね。

以下のページで、手数料が安く、しかも無料電話相談をしてもらえる全国対応型の法律相談所についてまとめてあります。今、債務整理をしようかと考えている方には人生変える位大きな事になると思いますので、よかったら読んでみて、電話かけてみて下さい。
借金返済が困難な状況になってきている方はまず無料相談を使ってみる事です。 | 借金返済学

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

      2017/06/21

 - 債務整理