借金返済学

元金融マン&1000人以上の借金相談をしてきた借金アドバイザーが借金返済、債務整理について語るサイト!あなたは通常返済でいけるか?債務整理した方がいいか?すぐわかる!

銀行系カードローンなら本当にいくらでも借金できるのか?

この質問に対しては、「銀行法にはカードローンの貸付については何の制限も定められていないので、法律上はいくらでも貸付が可能です」というのが答です。

つまり、借金をする側からいえば、「銀行系カードローンであれば、いくらでも借金できる可能性がある」と言い換えられます。

個人の借金できる上限額が法律に定められたのは、2010年6月に改正された『貸金業法』です。

それまでは個人が借金できる金額に上限がなかったことから、さまざまな社会問題を引き起こしてきた消費者金融の個人向貸付を正常に戻す目的で改正が行われました。

その時に制定されたのが「総量規制」で、それによって個人への貸付の上限は年収の3分の1に規制されたのです。

しかし、この総量規制は貸金業法の定めですから、消費者金融には適用されたものの銀行には適用されません。
そのことで、銀行は年収に関係なく貸し付けてくれるといった誤解が始まったのでしょう。

特にカードローンにおいては、上限なく貸し付けてくれる消費者金融の立場は銀行に移行したのです。
しかし実際には、銀行は貸金業法改正の主旨を踏まえて、自主規制で上限を年収の2分の1に設定してカードローンの運用を行ってきた経緯があります。

また、カードローンと呼ばれる商品には貸付上限額が必ず設定されており、最高でも1,000万円を超えるような貸付をする商品は提供されていません。
ですから、これまでも「銀行系カードローンなら、いくらでも借金できる」といったことは不可能でした。

さらに、昨年、日弁連の調査や金融庁の立入検査で、一部の銀行で過剰貸付や反社会勢力への貸付などが行われていたことが明らかになったのです。

こうした現実を解決するため、3大メガバンクがあらたな自主規制の強化、業界全体での審査の厳格化に向けた自主規制がスタートしています。

こうした銀行の動きから判断して、質問に対しては、「これまでも、これからも、銀行系カードローンならいくらでも借金できるといったことはありません」というのが正しい答というべきでしょう。

無料の債務整理相談先

おしなり法律事務所

任意整理着手金 0円 任意整理基本報酬 減額報酬10% 過払い着手金 0円 過払い基本報酬 返還金の20%~

      2018/05/05

 - 借金返済